私は昔からフィギュアが大好きで、たくさんのフィギュアを集めています。
先日、昔からの友人とわが家で飲んでいました。その際に友人が、私の趣味のフィギュアに気付き、いろいろと聞いてきたのです。

そのため私は、友人がフィギュアが好きなのかと思い、様々なものを見せて説明しました。
さらにはゲットしたばかりのものもあったので、少し自慢してみようかとも思い、酒を飲みながらどんどん自慢話をしていたのです。
私の自慢話が終わって満足したころに、その友人が一言、興味がないんだよねといってきたのです。

さんざん私に話を聞いてきたくせに、最後にこんなふうに言われて、実にけしからんと、はらわたが煮えくり返るような思いでした。
この経験をした時に、私はふと、昔、友人に相談されたことを思い出したのです。

友人からの相談は、たしか5年ほど前のことだったと思います。
友人には付き合っている彼女がいたのですが、彼女から誘って来たのに返事がないとよく怒っていたのです。
彼女からご飯を食べに行こう、いつなら空いていると聞かれて、空いている日をいっても予定が合わないようです。

そのため友人の方から彼女に向かって、いつなら空いてるのと聞き返すと、全く返信はないようです。
この相談は、一度だけではなく何度もあり、空いている日を聞くと、返信が来なくなるということがよくあったようです。

別に休みや予定を把握したいわけじゃないのに、把握されるのが嫌で返信してこないのかと、友人は非常に悩んでいました。

それに対して僕は、彼女は自由な人なのかなと思いました。
一般的には男性の方がメールや連絡などをめんどくさがる人が多いですが、その女性は男性よりも、ややすぎるような印象を受けました。
結局友人は、その彼女とは全く予定があわないことから、別れてしまったようです。
私は彼女に対して、友人とは別れたいと思っていたのかなと思いましたが、そんなまわりくどいようなやり方をするのであれば、最初から素直に別れたいといえばよいのになあと感じました。

今回のフィギュアのやりとりで、このことが急に思い出されたのです。
友人も、興味がないのであれば最初からそう言ってくれれば、私もそこまで自慢はしなかったのになあと思います。
後から、わかりもしない人に長々と説明をしてしまい、とても恥ずかしい気持ちにもなってしまいました。
相手のことを考えるということは、とても大切なことだと感じられた出来事でした。